スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

豪雪2

コホロ展は3月3日まで開催しています。
是非、ご覧ください。

コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/



今日も、豪雪ネタです。

我が家では上下水道がなく、地下水を利用しています。
ポンプで地下水をくみ上げ、家までパイプを通しています。
そのポンプがある、ポンプ小屋の雪降ろしに行きました。
ポンプ小屋は家から1キロくらい離れています。

DSC01575.jpg
「かんじき」です。 2メートル以上の雪が積もったところを歩いていくので、かんじきはとても便利です。 しめかたがよく分からず、1、2回はずれました。


DSC01579.jpg
まずは、工房の裏手から出発して道路に出ます。 ここの道路は除雪が入らないので雪に埋もれています。 左右は杉林です。 きれいですね。


DSC01580.jpg
道路を2,300メートル行って、今度は畑を突っ切ります。 目指すは上の画像の奥の杉林です。


DSC01583.jpg
杉林に着きました。 少し谷になっています。 ここを下りたらもうすぐです。


DSC01584.jpg
ポンプ小屋に到着。 あれれ??  
盛り上がっているところがどうやら小屋みたいです。 電柱から電線がきてるから間違いないはず!


DSC01588.jpg
屋根の雪を下ろしました。 というか掘り起こした感じ。 前に住んでいた小樽でも雪下ろしはしてたけど、屋根の雪下ろしで地面を掘ったのは初めてです。 繰り返しになりますが、地面の雪をどかすと、そこに屋根があるんです!  ありえないっす。


DSC01595.jpg
作業を終え帰ります。  かんじきの足跡をたどりました。

秋田すごいっす。  ここでずーと生活してきた人たちは、すごいと思いました。
 

豪雪に興奮してつい長くなってしまいました。

まだまだづきます。


スポンサーサイト

2013.02.27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

豪雪

東京に行って、帰って来て、気候の違いに本当に驚きました。
自宅から30分で大曲駅、秋田新幹線で3時間半くらいで東京駅に着きます。

たったの4時間で別世界でした。 同じ日本とは思えません。 
東京には雪はありませんでした。 路地裏の日陰になってるところを探してもないです。
DSC01524.jpg
新宿

DSC01558.jpg
敷地内の私道。 この先に自宅と工房があります。
左右の雪の高さは3メートルくらい。  ありえない。 小樽でもここまではなかった。


DSC01534.jpg
工房の周りは、なんだかよくわからないことになっていました。


DSC01545.jpg
とりあえず除雪機を出そうと思い、除雪機置き場に行こうとしました。
除雪機の通り道がなぜか、雪のトンネルに。 分かりずらいですが、奥の赤いのが除雪機。 


DSC01548.jpg
出動。

DSC01550.jpg
工房の入り口を片付けた後、軒下の雪を飛ばします。

DSC01554.jpg
除雪機の幅の分だけ飛ばしました。 こうしておくと屋根の雪が落ちてくれるので雪降ろししなくていいのです。



豪雪ネタはまだまだつづきます。  



コホロ展開催中!
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/



2013.02.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

行って来ました。

2月22日から3月3日までのコホロ展、始まっています。
初日の在廊のため東京に行き、24日の夜に帰って来ました。

初日の午前中から沢山のお客様に来ていただきました。

ありがとうございます!

いろいろとお話もできて、楽しく嬉しい一日でした。

本当にありがとうございました。


会期はまだまだあります。
お時間がありましたら、是非おこしください。

DSC01483.jpg
お店の写真。 そわそわしていい感じの写真を撮れませんでした。
コホロさんでは陶器に限らず、さまざまな雑貨を扱っていますが、 個展会期中は作家の作品をメインで陳列していただいています。



コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コホロ展。

コホロ展DM1


馬渡新平展 

2013年2月22日(金)~3月3日(日)
作家在廊日 2月22日

「昨年春に北海道から秋田県に移住し
牛舎だった建物を手直しして工房に設えました。
その時の基礎工事で地面から出てきた粘土を使い、
器をやきました。
足下の土で器を作りたい
以前からの願望の一つが叶いました。」

場所  KoHoRo (コホロ)
住所  東京都世田谷区玉川3丁目12番11号1階
電話  03-5717-9401
会期  2013年2月22日~3月3日

初日の22日は、僕もお店に立ちます。
ぜひ、お越しくださいませ。



2月22日からのコホロ展、DMご希望の方はメールください。
メール has52100@yahoo.co.jp
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.20 | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

行って来ます。

22日からのコホロ展の器は、宅配便で送ります。
さっき、すべて送り終えました。
全部で15箱。 
器の数は、65種類、775個になりました。
前回と同じくらいです。 もう少し作りたかったなぁ
山の土に苦戦してしまい、だいぶ失敗してしまいました。
コホロ展にはいい感じの器を厳選して出品します。

以前作って在庫で持っていた器も少し出します。
ヒビ粉引の器もありますよ。


明日からしばらく東京なので、ブログ更新できません。
帰って来たら展示の様子とかお知らせします。

それでは、行って来ます。
皆様にお会いできましたら幸いです。


DSC01436.jpg
最後の荷物。 無事届きますように!

2013.02.20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コホロ展の器15


DSC01433.jpg
小丼。 山の土です。


DSC01431.jpg
そばちょこ。 山の土です。

2013.02.20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コホロ展の器14

こんにちは。
今日も美郷町は寒いです。

今日はコホロ展に向けての最後の窯焚きをしています。


DSC01429.jpg
カップ。山の土。  


2月22日からのコホロ展、DMご希望の方はメールください。
メール has52100@yahoo.co.jp
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コホロ展の器13

今日もコホロ展の器を紹介します。


DSC01428.jpg
マグカップ。 山の土。


2月22日からのコホロ展、DMご希望の方はメールください。
メール has52100@yahoo.co.jp
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コホロ展の器12

DSC01410.jpg
徳利です。 山の土。 容量は、一合弱です。



2月22日からのコホロ展、DMご希望の方はメールください。
メール has52100@yahoo.co.jp
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コホロ展の器11

コホロ展に出品する器です。


DSC01397.jpg
7寸鉢。 山の土です。



2月22日からのコホロ展、DMご希望の方はメールください。
メール has52100@yahoo.co.jp
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コホロ展のDMと詳細

コホロ展のDMができあがりました。


コホロ展DM1


コホロ展DM2



馬渡新平展 

2013年2月22日(金)~3月3日(日)
作家在廊日 2月22日

「昨年春に北海道から秋田県に移住し
牛舎だった建物を手直しして工房に設えました。
その時の基礎工事で地面から出てきた粘土を使い、
器をやきました。
足下の土で器を作りたい
以前からの願望の一つが叶いました。」

場所  KoHoRo (コホロ)
住所  東京都世田谷区玉川3丁目12番11号1階
電話  03-5717-9401
会期  2013年2月22日~3月3日

初日の22日は、僕もお店に立ちます。
ぜひ、お越しくださいませ。



2月22日からのコホロ展、DMご希望の方はメールください。
メール has52100@yahoo.co.jp
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コホロ展の器10

こんにちは。 今日もコホロ展に出品する器の紹介です。


DSC01378.jpg
緑釉の皿。 6寸と4寸です。 北海道の土です。



2月22日からのコホロ展、DMご希望の方はメールください。
メール has52100@yahoo.co.jp
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

工房

工房の周りは、まだまだ雪だらけです。


DSC01372.jpg
いまだに積雪150センチ以上! もちろん自然に積もった場所で測って、でです。


DSC01367.jpg
窓が埋まりそうです。 マメに雪寄せします。



2月22日からのコホロ展、DMご希望の方はメールください。
メール has52100@yahoo.co.jp
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コホロ展の器9

手前がカップで、奥のが徳利です。 山の土。 今から底の部分を削ります。

器ができるまでの工程をザックリ説明すると、①まずロクロで形を作り、②底の部分(高台、コウダイ)を削り、③乾燥させて、④化粧がけ、釉薬がけして、⑤窯に詰めて焼いて、⑥焼けたら窯から出して、底の部分とかザラザラしているところをヤスリで磨いて、水洗い。終わり。

ザックリ過ぎてすいません。  


DSC01374.jpg



2月22日からのコホロ展、DMご希望の方はメールください。
メール has52100@yahoo.co.jp
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

薪ストーブ

工房では薪ストーブを使っています。


DSC01354.jpg
薪ストーブは暖かいです。 けど、煙突にススがたまるので定期的に掃除します。 煙突の繋ぎ方を掃除しやすいように工夫しました。 屋根に上らなくてもいいし、煙突を外さなくてもいいのです。 


DSC01355.jpg
ストーブの本体はホームセンターで8000円くらいで買いました。 周りにレンガを並べて蓄熱性を高めています。 熱がレンガに蓄熱されると、ストーブ内の温度が安定するので、炎が安定します。また、火を落としてもしばらくはレンガが温かいので、夜間の工房内の凍結防止になります。




DSC01357.jpg
薪。もうほとんどありません。あと一週間もつかどうか、、。たくさん用意したのになぁ。 薪は建築関係の業者から建築廃材をわけてもらったり、原木を買って自分で切って割って薪にしたりしています。 樹種はほとんどが杉です。広葉樹も少しありました。



2月22日からのコホロ展、DMご希望の方はメールください。
メール has52100@yahoo.co.jp
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.10 | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

コホロ展の器8

コホロ展に出す器です。

DSC01349.jpg
緑釉のマグカップです。 北海道の土で作りました。



2月22日からのコホロ展、DMご希望の方はメールください。
メール has52100@yahoo.co.jp
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コホロ展の器7

こんにちは。今日の美郷町は吹雪でさむいです。

DSC01344.jpg
直径7センチくらいの小鉢です。 山の土です。




2月22日からのコホロ展、DMご希望の方はメールください。
メール has52100@yahoo.co.jp
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コホロ展の器6

昨日窯出しした器です。 山の土。 丼。

DSC01332.jpg
シブくていい感じに焼けたと思ってます。



2月22日からのコホロ展、DMご希望の方はメールください。
メール has52100@yahoo.co.jp
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.07 | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

移住した時に北海道から待ってきた棚に器を置いてみました。


DSC01319.jpg
北海道小樽市で工房兼住居として借りていた家にあったものです。 引っ越すときに大家さんがくれました。築80年以上の古民家の2階で、絨毯みたいなふかふかの埃をかぶっていました。 引き出しの中には戦時中の新聞が敷いてあり、大家さんの話だと60年くらい前のものだとか。

この器達もコホロ展に出します。



2月22日からのコホロ展、DMご希望の方はメールください。
メール has52100@yahoo.co.jp
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.05 | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

コホロ展の器5

今日、ロクロで作った器です。 コップ。 山の土です。


DSC01311.jpg



2月22日からのコホロ展、DMご希望の方はメールください。
メール has52100@yahoo.co.jp
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コホロ展の器4

こんにちは。
昨日今日と秋田は暖かいです。
雪も少し融けました。 それでも工房の周りの積雪は140cm以上! 


コホロ展に出す器です。

DSC01286.jpg
湯のみ。 山の土で作りました。 小ぶりなサイズです。 釉薬(ユウヤク、ウワグスリ)には工房で焚いている薪ストーブの灰のみを使っています。 木の灰がこんな色になります。 焼き物は面白いです。



2月22日からのコホロ展、DMご希望の方はメールください。
メール has52100@yahoo.co.jp
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

蹴ろくろ

秋田に移住してからは「蹴ロクロ」(ケロクロ)を使っています。
下についている円盤状の部分を足でけると、上に付いている円盤状の部分が回転する仕組みです。
電動ロクロで作るより、柔らかい器になるような気がします。
心と身体と土が一体となって、器になるような気がします。
面白くて、楽しいです。


DSC01276.jpg
蹴ロクロを据える台とか蹴る時に座る椅子は廃材で自作しました。
蹴るロクロは秋田に移住する時に知り合いの陶芸家の加地さんに譲ってもらいました。 ありがとうございました!
加地さんは北海道留寿都で作陶しています。超カッコイイ器を作ります。


DSC01272.jpg
お猪口を作っています。 これも蹴ロクロで作ってます。


2月22日からのコホロ展、DMご希望の方はメールください。
メール has52100@yahoo.co.jp
コホロさんのホームページ  http://www.kohoro.jp/

2013.02.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

馬渡新平

Author:馬渡新平
北海道余市町で器を作っている陶芸家です。
2012年5月に北海道小樽市から秋田県に移住しました。
敷地内で産出する土で器を製作。
牛舎をセルフリフォームして工房に。
山の斜面に手掘りで穴を掘り、
「掘抜き穴窯」を築窯。
2015年11月、北海道余市町に移住しました。
お問い合わせはメールでお願いします。
has52100@yahoo.co.jp

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。